指定に明るさで画面オンを維持、Screen ON

2021年5月29日

Screen ONはスマホの画面を常時表示する機能以外に、画面の明るさを指定して常時表示も設定可能なアプリ。Androidは一定時間無操作で放置していた場合に自動でスリープへと移行しますが、Screen ONはそれをさせずに画面を常時表示したままにします。画面の表示維持方法は5つあり、完全に画面がオフになる前の薄暗い状態で維持する機能や最大の明るさで表示を維持、逆に最小の明るさで維持、ユーザ指定の明るさで維持といった機能を備えています。

Screen ON メイン画面
Screen ON カスタム
Screen ON Settings
開発/提供Chethan Dandgey
確認バージョン1.2.4
Android 要件2.3 以上
価格無料(制限有り)
ダウンロードGoogle Play
概要

Stay Awakeと同種のアプリで、自動でスリープさせたくない時に使用します。Stay Awakeよりもちょっとだけ高機能で画面の表示維持方法が5つあるので用途によって使い分けが出来ます。言語は英語のみで日本語化されていませんが機能自体がシンプルな事もあり設定や操作は決して難しくありません。

スマホ起動時からScreen ONを自動で起動といった設定がありますが、これらの機能を使用するには寄付が必要となっているので作者に寄付をしないままだと全ての機能を使う事は出来ません。ただ、常時使用する事は稀だと思うので制限があるままでも十分に使えるアプリだと思います。

Screen ON 設定、使い方

Screen ONの初回起動時に「このアプリは以前のバージョンの…」という表示がありましたが、私のスマホ(Android 9)では何の問題も無く動作しています。それはさておき、Screen ONを起動して表示されるメイン画面には上部に5つの選択肢があり、ここで表示方法を選択して下部の「START」ボタンで開始すれば無操作状態が続いてもスリープへ移行せずに画面を表示し続けます。

Screen ON 警告表示
Screen ON メイン画面
Screen ON 通知
Keep the current brightness
現在の明るさのまま画面表示を維持。
Let it Dim
スリープ移行時間前の暗い状態になってから画面表示を維持。
Increase brightness to MAX and Stay
明るさを最大にして画面表示を維持。
Decrease brightness to MIN and Stay
明るさを最小にして画面表示を維持。
Custom brightness
スライダーでユーザ指定の明るさにして画面表示を維持。

Screen ONが有効化されると通知バーに通知が表示されるので、メイン画面で「STOP」をタップする以外にここに表示される「STOP」から停止させる事も出来ます。通知の「STOP」の表示が消えている場合は、Screen ONの表示位置から下側にスワイプする事で表示される筈です。

メイン画面上部の「Settings」をタップするかスワイプで設定画面が表示されます。ここには4つの設定がありますが、全て寄付した方のみ使用出来る機能となっています。タップすると寄付してほしいといった旨の画面が表示され、「LATER」で画面を閉じます。「DONATE」で本来は寄付サイトのページが表示される筈ですが、私が動作を確認した所ではページに繋がらない状態でした。

Screen ON 設定画面
Screen ON 寄付

Screen ON 纏め

ただスクリーンオン状態を維持したいというだけならStay Awakeで十分ですが、私的にLet it Dimが中々便利に感じました。常時表示だとバッテリーの減りが速くなるし、かと言ってスリープから毎回ロック画面を解除するのが面倒という場合、薄暗い状態で画面表示を維持し続けるLet it Dimだとバッテリーの減りも抑えながら手に取ったらすぐさま表示という事も出来ます。今までStay Awakeを使用してきましたが、長らく更新されていない不安はあるもののScreen ONに乗り換えます。